指導者紹介
指導者ご紹介
奈良会場
福永圭子先生
清水道代先生
河田早紀先生
今井順子先生
橿原会場
佐藤謙蔵先生
椚紀子先生
稲森慈恵先生
宍倉朋子先生
奈良会場
福永 圭子 Keiko Fukunaga (指揮者) 
 熊本市出身。京都市立芸術大学音楽学部声楽専修卒業。同大学院修了。1990年京都音楽協会賞受賞。1994年第10回新・波の会日本歌曲コンクール第2位受賞。ドイツ歌曲や日本歌曲をはじめ、バロック期から現代まで幅広い宗教曲のソリストをつとめ、オーケストラや合唱団との共演も数多い。京都・バッハ・ゾリステンのメンバーとして、バッハ「教会カンタータ」200曲全曲演奏に取り組み、2005年に完奏。1994年、1996年のドイツ公演ではベルリン、ライプツィヒ、カールスルーエなど各地でソリストとして出演。1998年にはプラハにおける「京都文化週間」に出演。日本歌曲、童謡、唱歌の振興にも意欲的に取り組み、多数のコンサートに出演している。日本歌曲の新作初演にも数多く携わる。2008年リサイタルを開催。声楽を岩津整明、蔵田裕行、クラウス・オッカー、故藤原薫、デヴィッド・ハーパーの各氏に師事。京都・バッハ・ゾリステンメンバー。(社)日本歌曲振興会会員。日本ドイツリート協会会員。奈良フロイデ合唱団(奈良会場)、コーラスアンサンブル「夢」指揮者。同志社学生混声合唱団CCDヴォイストレーナー他、奈良、滋賀、京都で多くの合唱指導。華頂短期大学、京都市立京都堀川音楽高等学校各非常勤講師。
清水 道代 Michiyo Shimizu (ピアニスト)
 堀川高校音楽科を経て、京都市立芸術大学音楽学部ピアノ専修卒業。ドイツ国立デトモルト音楽大学に留学。学生伴奏助手を務める。芸術家資格試験、演奏家資格試験に最優秀で合格し卒業。パリにおける第6回クロードカーンピアノコンクールに入賞。留学中はヒッツァカー音楽祭参加、ラジオ出演等活動。帰国後大阪、京都にてソロリサイタル、クラリネットとのデュオリサイタルを開催。震災チャリティーコンサートにてピアノ協奏曲を演奏。近年では2015年4月京都バッハゾリステンと2曲のピアノ協奏曲を共演。その他ソロ、室内楽、合唱伴奏等活動している。北村智恵、出戸由記子、名畑ゆかり、芝令 子、小林都司子、F.M.シュヌアの各氏に師事。
河田 早紀 Hayaki Kawata (ヴォイス・トレーナー テノール)
 大阪芸術大学芸術学部演奏学科卒業。同大学大学院芸術制作研究科演奏表現(声楽)修了。第11回・第12回日本歌曲振興会「新・波の会」日本歌曲コンクール入選。第14回全国歌謡歌唱コンクール近畿ブロックでグランプリ(第1位)及び全国大会大人部門銀賞(第2位)受賞。磯部俶作曲室内オペラ「夕立」初演に出演。第九のソリストとして大阪・京都・奈良・三重などに出演。その他、宗教曲、オペラ、歌曲の演奏会に多数出演。又、合唱指揮・トレーナーとして多数の合唱団と共演している。岩城拓也、故藤原薫、F・カステラーノの各氏に師事。日本歌曲振興会会員(新・波の会)。京都バッハゾリステン所属。大阪芸術大学 演奏学科 非常勤講師。
今井 順子 Junko Imai (ヴォイス・トレーナー ソプラノ)
  京都市立芸術大学音楽学部声楽専修、同大学院音楽研究科声楽専攻修了。1996年、ドイツ ゾーベルンハイム夏期講習に参加、修了演奏会に出演。第38回なにわ芸術祭にて奨励賞受賞。
モーツァルト「戴冠式ミサ」、フォーレ「レクイエム」、ラター「レクイエム」、ヴィヴァルディ「グロリアミサ」等のソロを務める他、京都を中心にソロやアンサンブルで演奏会を行う。
これまでに、藤花優子、三井ツヤ子の各氏に師事。
現在、奈良フロイデ合唱団の他、混声合唱団紫野にてヴォイストレーナーを務める。京都府立洛北高等学校非常勤講師。
橿原会場
佐藤 謙蔵 Kenzou Sato (指揮者)
 奈良県立北大和高校合唱部に入部、小林正夫氏の指導を受け合唱音楽に目覚める。高校3年生の時に合唱部定期演奏会において初めて指揮を体験。京都市立芸術大学音楽学部声楽専攻卒業。同大学院修了。卒業後、神戸市混声合唱団に所属し、NHK交響楽団との共演や、ラトビア、中国などの海外公演をはじめ、数多くの演奏会に出演。在団時に、故 北村協一、小泉ひろし、本山秀毅の各氏の指導を受ける。1994年ウィーンに留学。宮廷歌手K.H.Tuttner、R.H.Boeshの両氏に師事。発声法、ドイツ歌曲を学ぶ。留学中、コルシカ島で行われたコンサートに出演、日本歌曲を歌い好評を得る。帰国後、リサイタルにて「詩人の恋」(シューマン)、「うるし掻き?T、?U」を好演。オペラ「蝶々夫人」、「魔笛」、「椿姫」、「子供と魔法」や、林光 作品、中西覚 作曲「おさん茂兵衛歌暦」(初演)等の日本のオペラにおいても主要なキャストを務める。ベートーヴェン「第九」や、モーツァルト「レクイエム」、ハイドン「ネルソン・ミサ」他、数多くの演奏会においてテノールソリストとして出演。神戸波の会 日本歌曲全集シリーズCDにて「さくら横ちょう」(別宮貞雄)他、4曲を収録するなど、現在も声楽家として活動を続けている。奈良フロイデ合唱団定期演奏会では、神戸室内管弦楽団との共演で、2005年ヴィヴァルディ作曲「グローリア・ミサ」、2008年ハイドン作曲「ネルソン・ミサ」、ドブロゴツ作曲「ミサ」を指揮し好評を得る。現在、大阪信愛女学院高等学校教諭。同合唱部(2008年度関西合唱コンクールAグループ金賞受賞、昨年NHK学校音楽コンクール近畿大会初出場)顧問。
椚 紀子 Noriko Kunugi (ピアニスト)
 京都市立芸術大学音楽学部ピアノ専修卒業。同大学院音楽研究科器楽(ピアノ)専攻修了。19991年~1994年名古屋音楽ゼミナールに参加し、ミハイル・ヴォスクレセンスキー、バーヴェル・ギリロフ、レウ・ナウモフのレッスンを受ける。また、1992年モスクワ音楽院国際サマースクールに参加し、アレクセイ・ナセトキン、アレクサンダー・メズルモフの各氏に師事。第7回摂津音楽祭リトルカメリアコンクールにて伴奏賞受賞。第8回和歌山音楽コンクール大学生以上の部第1位。第7回吹田音楽コンクールピアノデュオ部門第2位。第1回かやぶき音楽堂ピアノデュオ連弾コンクールB部門第1位。第4回万里の長城杯国際音楽コンクールアンサンブル部門優秀賞受賞。第13回京都芸術祭毎日新聞社賞受賞。現在、奈良フロイデ合唱団をはじめ、多数の合唱団の伴奏を務める。
稲森慈恵 Yoshie Inamori (ヴォイス・トレーナー ソプラノ)
鹿児島県生まれ。京都教育大学音楽科卒業。京都市立芸術大学大学院修了。'99イタリア留学中にM.アダーニ女史に師事。'11フランスに短期留学。
京都オペラ協会「椿姫」ヴィオレッタ、「フィガロの結婚」スザンナ、「ドンジョバンニ」ドンナアンナ、びわ湖ホール「マルタ」レディーハリエット、「ジプシー男爵」アルゼーナ、「フィガロの結婚」ケルビーノ、コレギウムムジクム、川西市民オペラ「愛の妙薬」アディーナ、新潟ニューセンチュリーオペラ「てかがみ」かよ、オペラアンサンブルkyo2「ラボエーム」ムゼッタ、広島オペラ「カルメン」ミカエラ役、「カルメル会修道女の対話」リドワーヌ、春秋座オペラ公演「ラ ボエーム」ミミ役、河内長野ラブリーホールマイタウンオペラ公演「メリーウィドウ」ハンナ役、「ジャンニスキッキ」ラウレッタ役で出演。
コンサートでは戴冠ミサ、メサイヤ、第九、スターバトマーテル(ペルコレージ)、モーツァルトレクイエムなどのソリストとして出演。'12、'15には青山記念音楽館 バロックザールにて、ソプラノリサイタルを開催。
ヴォーカルアンサンブルkyotoメンバーとして青山音楽賞受賞。
饗場知昭、常森寿子、浜田理恵各氏に師事。
宍倉朋子 Tomoko Shishikura (ヴォイス・トレーナー ソプラノ)
神戸女学院大学、京都市立芸術大学大学院にて声楽を学ぶ。
第15回全日本ソリストコンクール最優秀賞受賞、第35回フランス音楽コンクール第1位、日仏文化協会賞、稲畑賞、朝日放送賞、フランス総領事賞受賞。平成20年3月(財)青山財団助成公演として承認を受け、青山バロックザールにてソロリサイタルを開催。

歌手として演奏経験を積む傍ら、心理学、セラピーを学び、現在心理セラピストとしても活躍中。
心や意識、エネルギーの分野での探求、セラピストとしての経験、長年の演奏家としての経験の集大成としてのボーカルレッスンにも定評がある。

これまでに講師、ボイストレーナーとして後進の指導にあたったのは、大阪スクールオブミュージック専門学校、甲陽音楽院、日出高等学校(芸能コース)、府立池田北高等学校(音楽コース)、明石あじさいコーラスなど多数。
Copyright NARA freude Chor All Rights Reserved
inserted by FC2 system